ファーストリッチ投資顧問のツイッターは投資家に役立つ情報満載! > 信頼できる投資顧問会社かを見極めるにはここをチェック!

信頼できる投資顧問会社かを見極めるにはここをチェック!

信頼できる投資顧問会社かを見極めるにはここをチェック!

金融庁(財務局)に登録された投資顧問会社を選ぶ

信頼できる投資顧問会社を選ぶ際に最も重要となるポイントが、金融庁(財務局)に登録された投資顧問会社であるということ。

この理由は、2007年9月30日に施行された金融商品取引法により、あらゆる投資家に対して有価証券の価値判断などを助言し、ファンドへの出資を勧誘できるのは、金融庁の登録を受けた業者に限定するという条件が定められているからです。この法律は投資家を保護することを目的に制定されており、認可なしに投資顧問業を営んだ場合は違法になります。

投資顧問業界には闇業者や無登録業者も存在しており、悪質な業者に惑わされてしまうと、大切な資産運用において大きなリスクになりかねません。そのため、まずは金融商品取引法に基づき、金融庁に登録・認可された業者であるかどうかを確認しましょう。

「必ず儲かる」「元本保証」などの誇大広告や勧誘をしない投資顧問会社を選ぶ

STOPの文字とビジネスマン

投資顧問の業界では、「必ず儲かります」「元本は保証されています」「絶対に損はしません」など、誇大広告や投資家を甘く勧誘する手法は、金融庁が定めた法律により禁止されています。それと同時に、損失の補填、特別利益の提供の約束も禁止事項です。この理由は、株式や債券、投資信託、ファンドなどの金融商品の性質上、経済状況や国の情勢などにより、収益が出ない、元金を割り込む可能性があり、こうした事態を回避すると断言できないからです。そのため、信頼のおける投資顧問会社ほど、リスクまできちんと説明することを重視し、その上で助言や勧誘を行っていることが特徴です。ここ数年、無料相談を謳いながら、悪質な営業活動を行う投資顧問会社や投資サイトが増えています。甘い勧誘や営業活動には十分注意しましょう。

投資家の目的やニーズを踏まえたアドバイスができる投資顧問会社を選ぶ

寄り添う姿勢でアドバイスをしている顧問投資

投資家の目的やニーズを踏まえたアドバイスができる投資顧問会社を選ぶことが大切です。短期的に利益が見込める可能性のある投資を行いたい、もしくは長期的に財産形成したいなど、投資家によって目的もニーズもさまざまです。

「10年前は短期的な投資をメインにしていたけれど、現在は長期的に考えたい」というように、その時々の経済状況やライフステージによって変わってくることもあります。悪質な業者だと、投資家の目的やニーズは一切考えず、投資顧問会社側の利益で助言を行うだけでなく、金融庁の規制に違反しているといったケースもあります。

反対に、信頼のおける投資顧問会社ほど、ひとりひとりの目的やニーズをその都度捉え、投資家にとって頼りになる助言を行うことができます。また、投資顧問会社によって特徴や得意分野が異なることもポイントです。まずは投資顧問会社の話をきちんと聞き、提供サービスの内容や報酬、契約解除の際の手続きなども確認した上で、自分の目的、ニーズにあった投資顧問会社を選ぶようにしましょう。